夫の信用情報に傷がついちゃう?

専業主婦の方でカードローンを利用して延滞した場合に、夫の信用情報に傷がつくのではないかと心配されてる方がいます。

しかしこれについてははっきりと、その心配はないということができます。 何も問題がないという意味ではなく、妻のカードローンで延滞が発生しても、夫の信用情報には傷がつかないという意味です。 専業主婦がカードローンを利用する場合、本人には収入がないので、夫の収入で返済をしなければなりませんが、そうであっても、借金については妻の借金として扱われ、その借金で妻が延滞を発生させればそれは妻の金融事故になります。

よって、妻のカードローン利用で延滞が起きても、その場合は夫ではなく妻の信用情報に傷がつきます。 例え自己破産のように債務整理を行った場合でも、信用情報に傷がつくのは妻の分だけです。

住宅ローンや教育ローンに影響ある?

カードローンを利用すれば、住宅ローンや教育ローンに少なからず影響を及ぼします。 どんな風に影響があるかといえば、カードローンを利用していることによって、住宅ローンや教育ローンの審査に通りにくくなるという点においてです。

もちろん、カードローンを利用しているだけで審査に通らないわけではありません。 カードローンを利用していてもなお経済的に余裕があり、新規で住宅ローンや教育ローンを組んでそれを返済できる見込みがあると判断されれば問題ありません。 要は本人の収入や経済力、そして各ローン会社の審査基準にかかっています。

住宅ローンの場合は、ローン返済比率と呼ばれるものがあり、この比率が低ければ、カードローンを組んでいても審査に通過することができます。 教育ローンの場合もこれと同様で、申込者に返済能力があれば審査に通過できます。 いずれにしても、カードローンの利用は住宅ローンや教育ローンに影響があります。

旦那の会社に在籍確認の電話がある?

専業主婦がカードローンを利用する場合、心配になるのはカード会社が行う旦那の会社への在籍確認です。 これについて心配するのは当たり前です。

なぜなら、カードローン会社によっては、旦那の会社に在籍確認を行うところもあるからです。 その場合、ローン会社は相手にローン会社であることが分からないように配慮して電話をかけますが、それでも在籍確認の電話は行います。 一方、会社に在籍確認の電話をしないカードローン会社もあります。 大手のカードローン会社にはこうしたところが目立ちますが、こういう会社では電話連絡による在籍確認ではなく、審査や提出書類などによって在籍確認を行っています。

まとめていうと、専業主婦がカードローンを利用した場合、旦那の会社に在籍確認の電話を行うところと行わないところがあります。

審査に必要な書類は何?

カードローンを利用するためには、申込を行うだけでなく、必要書類も用意しなければなりません。 その必要書類とは大きく分けて2つあり、本人確認書類と収入証明書類があります。 本人確認書類とは、文字通り申込者本人を確認できるもの、すなわち運転免許証や運転経歴証明書、住民基本台帳カード、パスポート、保険証、外国人なら在留カード、特別永住者証明書などです。

本人がどこの誰であるかが確認できなければ融資を行うことはできませんので、カードローン利用において本人確認書類は必須です。 次に収入証明書類ですが、こちらは本人の獲得収入を証明するもの、すなわち源泉徴収表や住民税決定通知書、確定申告書、所得証明書、給与明細書などです。 カードローン会社の審査では収入も基準の一つなので、収入証明書類も必ず提出しなければなりません。

審査に落ちる原因ってありますか?

カードローンの審査に落ちた人は、その原因が知りたいと思うことでしょう。 その原因はいくつかありますが、一つは収入が少ないことです。 収入が少ないと、カードローン会社はその人に返済能力がないと判断しますので、審査を通過させません。

また、他社からの借入が多い場合も審査落ちの理由になります。 なぜなら、他社からの借入が多いと、余裕を持った返済ができない人だと見られてしまうからです。 カードローン会社は完済に不安のある人を敬遠しますので、その要因が強い複数からの他社借入は、審査落ちの原因になります。 さらに、過去に何らかの金融事故を起こしたことがある場合も、審査落ちの原因になります。

個人再生、任意整理、自己破産などの債務整理はまさに金融事故の対象ですが、こうした履歴がある人は返済不能になる可能性が高いので、カードローン会社は歓迎しません。

夫に借金があったら借りれませんか?

自分の夫に借金がある場合、自分はお金が借りられるのだろうかと不安になる奥さんもいらっしゃるかもしれません。 結論からいえば、この場合、奥さんがどういう立場で借金の申込をするかによって、借りられるか借りられないかが決まります。

例えば、専業主婦としてカードローンを利用する場合は、本人に収入がないので旦那さんの属性が調査されます。 そこでもし旦那さんの借金が問題視され、返済能力に不安があると判断された場合は、奥さんはそのカードローンでお金を借りることができません。 なぜなら、旦那さんの属性が悪くて審査に落ちてしまうからです。

一方、奥さんがパートなどで自ら仕事をして収入がある場合は、奥さんの安定収入が認められれば、旦那さんの属性とは関係なくお金を借りることができます。 奥さんが自分の名義で申込を行い、自分の収入で審査を受ければ、旦那さんの借金の有無は関係ありません。

金利0円って他にお金とられないの?

キャッシングではよく金利0円のサービスを実施しているところがあります。
こういうサービスを初めて聞いた人は、金利0円って本当?他にお金がとられるんじゃないの?と怪しく思うかもしれませんが、金利0円でお金を貸しているところでは、元金以外にお金をとられることはありません。 なぜなら、この金利0円は消費者金融の目玉サービスの一つであり、客寄せの宣伝のために行っているものだからです。

あらかじめ定めた期間内で借金を完済すれば、元金に利息は付かないというのがこの金利0円サービスですが、これは同業他社にお客を客を奪われないようにする目的で各社が実施しているキャンペーンなので、元金以外でお金を取られることはありません。 もしそんなことをしたら会社のイメージダウンになり、顧客は離れてしまうでしょう。

自宅に郵便物って来ないの?

カードローンを利用すれば、基本的に申込者の自宅にいくつかの郵便物が届きます。
例えば、ローンの申込書、契約書、ローンカードです。 まず申込書と契約書ですが、これはどちらも自宅以外の場所に届けることはできず、送るとしたら自宅に送らなければなりません。

しかし、受け取りは自動契約機や店頭窓口でも可能なので、申込のときにそのように指定しておけば、郵便物として自宅に送られることはありません。 次に、ローンカードについてですが、こちらも基本的には自宅に郵便物として送られてきます。

申込書や契約書と同様に、自宅以外の場所に送付することはできず、送るとしたら申込者の自宅しかありません。 ただし、こちらもあらかじめ指定することで受け取り場所を店頭窓口や自動契約機にすることができますので、その方法で郵便物として送付されないようにすることができます。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ