カードローンとキャッシングの違いは何?

お金を借りる手段にはカードローンとキャッシングがありますが、この二つには違いがあります。 まずキャッシングは少額融資がメインであること、そして返済方法は一括払いが基本です。

300万円を超えるような高額融資が対象ではなく、50万円以下の小口融資が対象、最低ラインでは数万円から借りることができます。 返済方法の一括払いとは、今月借りたら翌月にまとめて一括返済するという方式のことです。

一方カードローンはキャッシングとは逆で、こちらは高額融資がメインであり、返済方法はリボ払いが適用されます。 会社と借りる人間の条件によって上限は異なりますが、カードローンなら300万円以上を一気に借りることもでき、それをリボ払いで返済していきます。 リボ払いとは、毎月決まった金額を支払っていく返済方式のことです。 借入金額の大きさと返済方式、この二つがカードローンとキャッシングの違いです。

クレジットカードのキャッシング機能とは何が違うの?

キャッシングには二種類があり、銀行や消費者金融で利用できるキャッシングとクレジットカードのキャッシング機能があります。

両者は同じものだと思ってる人もいますが、明確に違う点があります。 その一つは金利。クレジットカードのキャッシングの金利が12~20%なのに対して、カードローンは3.0~18%と断然お得。 返済が遅れた場合の延滞利息も、カードローンなら18~20%、クレカのキャッシングでは29%前後とその差は歴然です。

二つ目は審査です。クレジットカードのキャッシング機能を使えば、審査を受ける必要がありませんが、銀行や消費者金融で一からキャッシングを利用する場合は、審査手続きにパスしなければなりません。

怖い取り立てがあるイメージですが大丈夫?

怖い取り立てのイメージがあるのでカードローンが利用しづらいと思ってる方もおられるかもしれません。 しかしこの点については、安心して構いません。 カードローンの利用で怖い取り立てに遭う可能性はほとんどないからです。

なぜなら、怖い取り立てはやってはならないと法律で禁止されているからです。 法律に違反すればカード会社もペナルティを受けることになるので、そう簡単に過激な取立てを行うことはありません。 ただし、どんな取立てが法律違反になるのかについては確認しておかなければなりません。 例えば、債務者に暴言を吐いたり、暴力をふるったり、威嚇することなどは、はっきり違法行為として禁止されています。

一方、勤務先への取立ては全面禁止とはなっておらず、正当な理由があれば行ってもいいことになっています。 怖い取り立てをどのように定義するかが問題ですが、暴力や威嚇など一般的によく知られた怖い取り立てについて明確に禁止、勤務先への取立ては条件付きでOKとなっています。

女性専用ローンって普通のローンと何が違うの?

ローンには普通のローンと女性専用ローンがありますが、この違いをご存知ですか? 女性専用ローンというのは、文字通り利用対象者を女性に限定したローンのことです。 普通のローンでは男性も女性も利用可能ですが、女性専用ローンは女性だけが利用できるのが特徴です。 なぜこのような違いがあるのかというと、女性の中には、ローンを利用したいけど男性と一緒に利用することに不安を感じる人もいるからです。

そこでそういう女性でも安心してローンが利用できるようにと、女性専用ローンができたのです。 したがって女性専用ローンが普通のローンと違う点には、対応スタッフが女性であるという点もあります。 この違いも先ほど述べたとおり、女性でも安心してローンを利用できるようにしている措置の一つです。 利用対象者が女性限定であること、そして女性のスタッフが対応してくれること、これが女性専用ローンの特徴であり、普通のローンと大きく違うところです。

借りる銀行に口座がないと借りられない?

銀行に口座がないとカードローンを利用できないと思ってる人もいるようですが、そんなことはありません。 カードローンは、銀行口座を持っていない人でも借りることができます。 ただし、口座を持っていたほうが有利になることは間違いありません。

例えば、カードローンを利用するときは審査を受けなければなりませんが、その審査では、銀行口座を持っていない人よりも持っている人のほうが本人確認がしやすいので、審査に通過しやすくなります。 また、借金の返済においても、口座がないとATMを利用して返済しなければならず、その際に手数料がかかります。

しかし口座をもっている人が返済する場合は、ATMの利用手数料を支払う必要がありません。 なぜなら、口座からの自動引き落としによって返済することができるからです。 利用手数料は100円程度にすぎませんが、返済のたびに支払っていけばその額はバカになりません。 こういう点で、カードローンを利用するときは銀行口座を持っていたほうがいいでしょう。 ただし冒頭でも述べたように、カードローンは銀行口座がなくても利用できます。

土日でもお金は借りられる?

土日にお金を借りたいと思ってる方もおられるかもしれませんが、借入先によっては土日でもお金を借りることができます。

例えば、土日の即日融資に対応しているノンバンクです。 これは平たくいえば消費者金融を指していますが、消費者金融で土日の即日融資に対応しているところなら借りることができます。 一方、土日に申込手続きはできても融資はできないところもあり、こういうところでは土日にお金を借りることはできません。

この辺りは間違えやすいところなので注意してください。 土日でも借りれるところは土日の即日融資に対応しているところ、借りれないところは土日に即日融資に対応していないところです。 もちろん土日の即日融資に対応しているところでも、当日振込みの締め切り時間までに契約が間に合わなければ、当日に借りることはできません。

お金を借りたけど、返済はどこからするの?

お金を借りたら返済しなければなりませんが、その返済の仕方はいくつかあります。
一つは店頭窓口ですが、これは借りた会社の店舗に足を運んで、直接窓口で返済するという方法です。 お金を直接受け渡しできるので安心感がありますが、店舗に足を運ぶための時間がデメリットです。

次に、ATM返済という方法がありますが、これは店舗の専用ATMやコンビニATMから返済する方法です。 近くのコンビニでも返済できるのがメリットですが、利用手数料がかかるのがデメリットです。 さらに、自動引き落とし返済もありますが、こちらは指定した口座から毎月返済額が自動で引き落とされるという方法です。 自動引き落としは返済日を忘れていても自動で返済ができるのがメリットですが、残高不足になると返済ができなくなる危険もあります。 最後に、インターネット返済という方法がありますが、こちらは文字通りインターネットを通じて借金を返済する方法のことです。

ネット返済は外出せずに返済できるのがメリットですが、相手方がネット返済に対応している必要があります。 このように、借りたお金はいくつかの手段で返済することができます。

↑ PAGE TOP

外為ジャパンの口コミ